TOKYO ART
& ANTIQUES

東京 アート アンティーク 〜日本橋・京橋美術まつり 2018

4.26( 木 ) , 4.27( 金 ) , 4.28( 土 )

参加店舗の検索結果

かどまつ誠心堂

棟方志功、河井寛次郎の作品を中心に扱っております。その他蒔絵・明治金工の作品・時代陶磁器等扱っております。 お気軽に御来店下さい。...

ギャラリー戸村

1989年に銀座1丁目に開廊以来、個性化が約作家を座標に企画展を開催してきました。 2006年、現在の京橋2丁目に移転をし、若い現代美術の作家を前面に、グローバルな視点から国内外のアートフェアを中心に...

風招

金石、考古遺物、仏教美術、古陶磁等を取り扱っておりますが、中でも金工は力を入れたい分野です。また、谷中安規の創作版画も扱っております。会期中15日は目白コレクション出店の為お休み。その他は不定休となり...

浦上蒼穹堂

浦上蒼穹堂は、東洋古美術の専門美術商で、1979年(昭和54年)4月東京日本橋に設立されました。創立者である代表取締役浦上満は 1951年生まれ、大学卒業後、古美術界の老舗<繭山龍泉堂>に入社、5年間...

丸善 日本橋店 3階ギャラリー

「知を燈す丸善」として、今後も文化の発信に努めてまいります。 明治3年(1870)3月に誕生した丸善・日本橋店。その中で大正15年より続くギャラリーは、絵画、陶芸、工芸、書など、著名な美術作品を数多く...

その他関連記事

「ウィーン1900年」特集展示販売 ~Vienna at the Turn of the Century~(終了)

十九世紀末から二十世紀初頭に開花したウィーン美術の作品、挿絵本、原画、版画、絵葉書からデザイン見本にいたる80品余りをWABP特集期間中、展示販売いたします。世紀末美術、ウィーン工房、デザイン展が開か...

谷中安規/版画展(終了)

大正から昭和にかけて活躍した鬼才:谷中安規の創作版画を展示いたします。>>同時開催 「古美術に見る動物たち」...

谷中安規 版画展(終了)

大正から昭和初期に活躍した鬼才、谷中安規の創作版画を展示します。...

古美術に見る動物たち(終了)

古美術の中には動物たちをモチーフにした彫刻や絵画(絵付け)が数多く見られます。今回はそんなモノ達にスポットを当ててみました。 >>同時開催 谷中安規/版画展...

―新版画の美・没後60年― 川瀬巴水木版画展(終了)

郷愁の日本風景を描いた最後の浮世絵師・川瀬巴水。近年人気上昇中で、良質な作品が入手困難になりました。このたび世界中から集められた作品の中から版元・渡邊版画店の目で厳選された30点余りの初期摺り版画と、...

川瀬巴水木版画展(終了)

郷愁の日本風景を描いた最後の浮世絵師・川瀬巴水。日本でもようやく正当な評価が得られて来ました。最近では良質の作品は入手が困難になりつつあります。このたび貴重な大正期の作品を含む約30点の初期...

笹本正明特集(終了)

2014年4月1日(火) - 4月30日(水) (日・祝日 休廊) 笹本正明銅版画集 “SAKIKO” 銅版画集「SAKIKO」は、文・絵ともに作家自身が創作したオリジナル作品集です。 物語の中に1...

チャリティ入札会:藤田嗣治「魅せられし河:サン・フィリップ教会」(1951 年 銅版画)(終了)

入札期間:4月8日(土)午前10時~15日(土)午後5時<日祝休> 20世紀の巨匠藤田嗣治、シャガール、マチス、ルオー、ミロなど約20点を、 ご希望価格でご購入いただけるチャンスです。初めての方でも気...

北斎と南京赤絵(終了)

昨年は「古染付と北斎漫画」をテーマに陳列しましたが、大へんご好評をいただきました。 今年は北斎の展覧会が日本、イギリス、イタリア、オーストラリアで催され、北斎ブームが巻き起こっています。浦上蒼穹堂もそ...

明治の工芸と小村雪岱展(終了)

小村雪岱(セッタイ)は大正から昭和初期にかけて活躍した日本画家で、挿絵画家、装幀家としても有名である。今回は美しい配色と繊細な描線が特徴的な木版画と、文字に囲まれた新聞の紙面にも映える簡潔な構成...

チャリティ入札会:藤田嗣治「魅せられし河:香りの夢」(1951年 銅版画)(終了)

挿画本「魅せられし河」は、1951年、フジタの65歳の誕生日を記念して発刊されたものです。フジタは生涯を通して多くの版画を制作し、当時の版画手法(木版・銅版・リトグラフ)を用いていますが、なかでも銅版...

ギャラリー・トーク 渡邊木版美術画舗・ 三代目 渡邊章一郎(終了)

「―新版画の美・没後60年―川瀬巴水木版画展」に伴い、渡邊木版美術画舗・ 三代目 渡邊章一郎氏によるギャラリー・トークを行います。詳しくは3月末以降に、渡邊木版美術画舗ホームページ http://ha...

春の現代絵画展(終了)

春を感じさせる色彩豊かで鮮やかな油彩、水彩、版画作品を展示いたします。浅野弥衛、瑛九、坂本一樹、嶋本昭三、菅木志雄、宗宮肇、たんたん、浜田浄、山本有代、李禹煥、その他(五十音順)...

《ギャラリートーク》渡邊木版美術画舗・ 三代目 渡邊章一郎(終了)

川瀬巴水木版画展の開催に合わせてギャラリートークを行います。...

20世紀デンマークの家具工藝展(終了)

ハンス・ウェグナーによるブラジリアンローズウッド材のサイドボードキャビネットや、オーラ・ミュルゴー・ニールセンによるキューバンマホガニー材のカップボード、A.J.イヴァーセン工房のスツール、ルイス・ポ...

生活の中に豊かさ(アート)を −−ワンランク上のおもてなし その3(絵画編)

前回まで「器」を主にご紹介してきましたが、今回は「スモールスペースに飾る絵画」と題して、壁にかける美術作品をご紹介します。 壁に飾る作品は何も絵だけとは限りません。工夫次第で様々なものを壁にかけて楽し...

店主インタビュー 翠波画廊

高橋氏 Q 美術に携わるようになったきっかけを教えてください。 A 私はもともとが美大で彫刻の制作をやっていたんです。それで絵の仕事をしたいなと思って、念願だったものですから。独立してから21年にな...

店主インタビュー 古美術 天宝堂 vol.2

増田圭吾氏 Q)今回どのような美術品についてお話いただけるのでしょうか? A)大津絵というものについてお話しようと思います。自分が一番好きなものですから。 元々大津絵というのは、今の滋賀県の大津市、当...

店主インタビュー 浦上蒼穹堂

浦上満氏 Q こちらにお店を出されて何年になりますか? A 独立開業して32年、ここのビルに移って25年ですかね。その前はもっと小さいところでやってましたからね。その前に繭山龍泉堂さんに5年お世話に...

日本橋ちょっと美味しい話:お菓子司ときわ木「若紫」

 好きな物は"竹工芸と甘い物"と言ってはばからない私にとって、日本橋界隈は夢のようなところです。奈良で高野竹の丸竹を用いた見事な花籠やオブジェを制作するスウィーツ好きの竹芸家、谷岡茂雄先生・亜衣子先生...

店主インタビュー 三溪洞

三谷晴弘氏 Q こちらの画廊はいつ頃から始まったのでしょうか? A 高祖父の代くらいから美術商というか、当時は書画屋とか骨董屋と言っていました。掛け軸を中心に扱うお店としてスタートしています。その前...
Go to Top