TOKYO ART
& ANTIQUES

東京 アート アンティーク 〜日本橋・京橋美術まつり 2018

4.26( 木 ) , 4.27( 金 ) , 4.28( 土 )

参加店舗の検索結果

古美術 天宝堂

愉しい物を蒐めてみました。日本橋高島屋の裏手にございます。 主力商品: 白隠、仏教美術、大津絵、初期伊万里、桃山陶器、古窯、江戸ガラス、古民藝、李朝民藝など お客様へ: 物と人の出逢いは一期一会、皆様...

古美術 奈々八

日本、朝鮮の古陶磁を中心に、ジャンル、時代を越えて美しいものを追い求めております。...

つつみ美術

日本・韓国・中国の古美術を扱っております。...

藤美術

コレクターの心をゆさぶり続ける、美しき古美術の世界へようこそ! 藤美術は六本木にて1948年に創業。陶磁器・蒔絵・工芸品・桃山江戸絵画などを扱っております。 今回、店主の独断と偏見(?)で選んだ明治~...

下井美術

樂茶碗は桃山時代、千利休に指導された樂家初代長次郎によって作り始められました。歴代が手探りの技法を継承しつつも、独自の意匠、釉薬を研究開発し、当代の15代樂吉左衛門に至るまで、400年以上の長期にわた...

その他関連記事

チャリティ入札会:唐津 呼継ぎ松図大皿(終了)

桃山時代 唐津の大皿と云えば松、松と云えば大皿、という訳で見るなり梅沢記念館の大皿だの小山冨士夫の陶片やらが脳裏をよぎって...。とは言え本品は見ての通りの大呼継ぎ。それにしても後絵の陶片など含まずに...

樂歴代名碗展(終了)

初代長次郎から15代樂吉左衛門までの名碗と茶道具を販売します。 樂茶碗は桃山時代に千利休に指導された樂家初代長次郎によって造り始められました。 歴代が手捻りの技法を継承しつつも独自の意匠、釉薬を研究開...

新古美術展(終了)

美術品は「新古」「値段」「人が深めた価値」に関係なく、その人にとって「よきもの」が「名品」であると思います。桃山時代の茶道具から現代の人間国宝の作品まで展示いたします。...

やきもの展(終了)

17世紀の伊万里から古代・中世陶器、桃山陶ほか。酒器を多めに出品いたします。...

店主インタビュー 古美術 ささき vol.2

佐々木一氏 Q)今回ご紹介いただけるのはどういった美術品でしょうか? A)蒔絵についてお話しようと思います。こちらは江戸時代に作られた棚でして、随所に色々な技法が使われて制作されています。 Q)普段...

店主インタビュー 中長小西

小西哲哉氏 Q こちらのお店を出された経緯を教えて下さい。 A 大学を卒業して会社に就職したんですが、自分に向いた仕事でやりたいことは何だろうって毎日考えていて。端から見ると思いつきに見えたかもしれ...

店主インタビュー つつみ美術

堤里志氏 Q お店を始めて何年になりますか? A ちょうど2000年からなので12年ですね。 Q 独立する前は何をなさっていたのですか? A 独立する前は東湖堂さんで修行していました。 Q ではご専...
Go to Top