TOKYO ART
& ANTIQUES

東京 アート アンティーク 〜日本橋・京橋美術まつり 2018

4.26( 木 ) , 4.27( 金 ) , 4.28( 土 )

店主インタビュー 西川美術店 vol.2( 2012 年)

西川美術店

西川英治氏

Q)今回西川さんは京橋 Art Safari に参加されるということですが、どのような作品を出品されるのですか?

A)そうですね、中国には古くから動物をモチーフにしたものはたくさんあるのですが、今回は象と鳥と鳳凰と虎ですね。鳥はこのカップアンドソーサーなのですが、東インド会社が紅茶をヨーロッパに貿易で持っていきますが、そのお茶飲み用のカップで、中国に発注してヨーロッパに輸出したものなんですね。カップを逆さまにしてソーサーの上にのせると、絵がちゃんと合うようになっているんです。清朝の康熙時代くらいの作ですね。

こちらが明末の古染付の猪口です。こちらも中国で作った日本向けの輸出用のものです。

Q)今回のメインになる作品はなんですか?

A)虎の枕です。磁州窯の枕ってたくさんあって、虎の形をした枕が井上オリエンタルアートさんの所にもありましたが、私が今回出すのは、横が魚子地になっているものです。魚子地というのは、模様の周りに細かい点々が入っている物です。白化粧した後に彫るんですね。薄く彫って模様をつけていく技法なんです。下の地の色が削ったところから出てくるので、それで色のコントラストをつけていきます。このタイプはたくさんあるのですが、どちらかというときっちりしたタイプが多いです。その中で、虎の模様がある枕は僕も初めて見たんですが、知っている限りではこれしかないと思いますね。故宮博物館に一つ同じ様式で虎の瓶がありますが、虎はそれくらいではないでしょうか。

この作品はそういう珍しさがあります。今回はそのあたりを見てもらえればと思っています。この虎はお茶目な愛嬌のある顔で、岩の後ろに寝そべっていて岩に隠れているように見えます。

発掘品なので、少し汚れているところがありますが、元々はもっと白いものだったと思います。
この間アートフェア東京でイノウエオリエンタルアートさんがやっていた陶枕の展覧会で、実際に陶枕に私も寝てみたんですが、全く固い感じがしないですね。すごく寝心地がよかったです。ですから、陶枕って枕としてとてもいいものなんだな、と思いました。イメージはとても固い感じがしますが。寝てみて初めてわかったので、すごく勉強になりました。

白釉劃花虎文枕 北宋時代

Q)今回は何点出展するのですか?

A)うちは店が手狭ですので、いつも展示する点数が少ないですが、今回は5点出します。

Q)今回は白い作品が多いですね。

A)そうですね、明から清にかけては白磁に絵付けをしている物が多いので、どうしても白いものが多くなりますね。今回京橋 Art Safari で古美術を扱うのはオリエント考古美術・太陽さんと私の2件ですが、太陽さんは立体のものが多いですので、僕の方は基本的に描かれたものですね。絵付けのものになると、基本的に白地のものが多いですね。

あと、白磁の美しさもあります。明と清では、お見せしたもののように、白磁もずいぶんと色が違います。その辺りも見ていただけると面白いと思います。

では5点揃って拝見できるのを楽しみにしています。

お忙しい中ありがとうございました。

西川美術店

西川英治さんにお話を伺いました。

(2012年4月)

※2014年2月に銀座6丁目へ移転しました。

〒 104-0031 中央区京橋2-6-17 第一貴仙ビル1階
http://home.att.ne.jp/red/chineseart/

南京赤絵象文香合 明時代

Go to Top