TOKYO ART
& ANTIQUES

Tokyo Art & Antiques 2017

4.14 (fri), 4.15 (sat)

We have started interviewing the gallery owners from 2011. The interview comes across to interesting stories about the inside stories of art dealers, their private life-style, interests, how they become a dealer or what was the begining of it. The interviews have become very unique one from another revealing the character of each owner. We have also began releasing essays and other informations related to Tokyo Art & Antiques.
We appologize the articles are only in Japanese. We hope we will have a chance to translate the articles to english in the future.

Although the scenery changes, the warmth remains in the town of Kyobashi ( 2017 ) 

北原照久 僕は京橋生まれ、京橋育ちです。生まれてから結婚して家を出るまで……30年近く住んでいました。実家はスポーツ用品店と喫茶店。小学生時代からずっと買い物のお手伝いをしていますから、街のことはくまなく知っています。 京橋には当時から骨董品屋さん、アンティークショップも多く、僕はそういうお店に入っ...

Let's have an Omotenashi Art in everyday life (paintings) ( 2017 ) 

前回まで「器」を主にご紹介してきましたが、今回は「スモールスペースに飾る絵画」と題して、壁にかける美術作品をご紹介します。 壁に飾る作品は何も絵だけとは限りません。工夫次第で様々なものを壁にかけて楽しむことができます。また、壁にかけるだけでなく、立てかけたり、他のものと組み合わせたり、思っている以上...

Let's have an Omotenashi Art in everyday life (flower vase) ( 2017 ) 

前回に引き続き、生活の中で「使う」ことができる器類で少し変わったものをいくつかご紹介します。 前回の記事 お茶菓子編 今回は花の器をご紹介します。 最後には、 スモールスペースに飾る絵画 と題して、壁にかける美術作品をご紹介します。絵画作品はもちろんのこと、工夫次第で様々なものを壁にかけて...

Let's have an Omotenashi Art in everyday life (table ware for sweets) ( 2017 ) 

「美術品」や「アート」は見に行くだけでも心が豊かになり、楽しい気分になったり、考えさせられたり、遠い昔の名も無い作り手に想いを馳せる楽しみとなります。ですが、それらが実際に「生活の中にある」というのはまた違う豊かさを人生に与えてくれるものです。とはいえ、使えるものから鑑賞を目的としたもの、手頃なもの...

Manners to enjoy seeing art Part 3: is it impolite to ask the price? ( 2017 ) 

※この記事では、ギャラリー・画廊・古美術店を総称して「ギャラリー」としています。また、「ギャラリー内」を「店内」を表記しています。  ギャラリー巡りに慣れない方にとって、わからないことや気になることが幾つかあると思います。特に気になるのがスタッフの目線、展示物の扱いやそのお値段についてではないでしょ...

Manners to enjoy seeing art Part 2: about asking questions ( 2017 ) 

※この記事では、ギャラリー・画廊・古美術店を総称して「ギャラリー」としています。また、「ギャラリー内」を「店内」を表記しています。  ギャラリー巡りに慣れない方にとって、わからないことや気になることが幾つかあると思います。特に気になるのがスタッフの目線、展示物の扱いやそのお値段についてではないでしょ...

Manners to enjoy seeing art Part 1: about touching art works ( 2017 ) 

※この記事では、ギャラリー・画廊・古美術店を総称して「ギャラリー」としています。また、「ギャラリー内」を「店内」を表記しています。 ギャラリー巡りに慣れない方にとって、わからないことや気になることが幾つかあると思います。特に気になるのがスタッフの目線、展示物の扱いやそのお値段についてではないでしょう...

TAA 2016 Special Talk Event Review ( 2016 ) 

東京アートアンティーク2016  特別企画座談会を開催2日目のの4月15日(金)18:30より開催いたしました。会場はコートヤード・バイ・マリオットステーション4階の会議室、シティカンファレンスで、予想より多くの方にお越しいただき、席もほぼ満席となりました。この座談会のゲストである町田市立博物館学芸...

UTSUKUSIよもやま:常盤山文庫と調査と手帳 ( 2016 ) 

矢島律子 町田市立博物館学芸員 このたび3月12日(土曜日)から5月8日(日曜日)まで、町田市立博物館で開催される「常盤山文庫と町田市立博物館が語る 中国陶磁うつくし」展の発端は公益財団法人常盤山文庫で行われた中国陶磁研究会です。この会は、常盤山文庫が近年収集に力を入れてきた中国陶磁のユニークな資料...

Mitearuki ( 2016 ) 

矢島律子 町田市立博物館学芸員こうして、「中国陶磁うつくし」展準備を始めた頃、関係者からなんか面白い仕掛けを考えろよと言われ、悩んでいたところ、東京国立博物館の三笠景子氏からそのころ東洋館では中国陶磁の特集展示をしますよと情報をいただき、じゃあなんか繋がろうよということになり、相互の講演会への協力と...

Hiroshige in Kyobashi ( 2015 ) 

Iidakojitsudo

 広重(1797~1858)は江戸で生まれ、晩年は京橋で過ごしました。晩年『名所江戸百景』を制作し、119枚ある内の3枚が京橋の作品で、秋『市中繁栄七夕祭』、『京橋竹がし』、冬『びくにはし雪中』があります。 『市中繁栄七夕祭』は七夕の賑わいがカラフルに描かれており、広重が生まれた、定火消しの八代洲河...

"Wakamurasaki" at Tokiwagi ( 2015 ) 

Japanese Bamboo Baskets: Hanabako

 好きな物は"竹工芸と甘い物"と言ってはばからない私にとって、日本橋界隈は夢のようなところです。奈良で高野竹の丸竹を用いた見事な花籠やオブジェを制作するスウィーツ好きの竹芸家、谷岡茂雄先生・亜衣子先生ご夫妻にお送りし、喜んでいただいたのは「うさぎやさんのどら焼き」。大分に素晴らしい茶室を持ち、モダン...

Momotaro of Momoroku ( 2015 ) 

KAKEI's Fine Japanese & Asian Art

 三日に上げずおじゃまする桃六さんは明治2年創業、今年で146年目の老舗和菓子屋さんで、店内にはケヤキの一枚板に彫られた堂々たる桃太郎が飾られています。お昼には赤飯弁当、そぼろ弁当、幕の内、ももから弁当などが並び、毎日食べても飽きません。でも、ちょっと行くのが遅いと、きれいに売り切れてしまうんです。...

About a sushi craftsman in Nihonbashi Muromachi ( 2015 ) 

Gallery Kochukyo Co.Ltd.

 平成2(1990)年4月に私が壺中居に入社してから、早や四半世紀の時が経ちます。その翌々年11月のこと、故・小山岑一先生(1939-2006)の作陶展を開催し、初日夕方にオープニングレセプションを行うべくぼちぼち諸準備をしていますと、或る紳士が風呂敷を抱えてひょっこり御来駕され、「岑ちゃん、つまら...

About my live in days in Nihonbashi ( 2015 ) 

Gallery Kochukyo Co.Ltd.

 日本橋1~3丁目にかけて、目下大掛かりな再開発プロジェクトが進行中で、2020年オリンピックまでに街の風貌と人の流れが相当変わることと予想されます。昼間は建設関係各位が闊歩する3丁目界隈も夜間は至って静かなもの、却って静か過ぎて怖いくらいです。 私は壺中居に入社してすぐに同店舗内に住み込みを始めて...

Interview at Kyorai ( 2015 ) 

Kyorai

松沢京子さん ——お店の特徴を教えてくださいますか。 松沢 酒器とか食器とか使えるものはあまり扱わないかもしれません。ライフスタイルの中で感覚を磨くというのではなく、考古遺物として見ていくほうが楽しいのかもしれません。感性で物を見ていった場合、今生きている時間なり背景の文化に支配されています。自分独...

Interview at kujaku gallery ( 2014 ) 

kujaku gallery

伊賀芳子さん ——ここ京橋に、銀座から移転されたんですね。 伊賀 この場所にオープンしたのが2013年5月だったので、前回の東京アートアンティークには間に合わず、今年が初参加です。京橋は先代の小関文吾社長が孔雀画廊を創立された地です。いいところですね。貸し画廊もあって学生や若い方が借りて個展を開いて...

Interview at Gallery MARI ( 2014 ) 

Gallery MARI

寺下真理子さん   ――まず、お店の特徴の特徴から教えてください。 寺下 扱っているのはオリエントの古美術です。西アジア中心で、メソポタミア、ペルシア、エジプト、ギリシア、ローマといったところまで扱っています。店も小さいし、私自身、小さいものが好きなので、展示されているのは小さいものが多いですね。 ...

Interview at Oriental Art Tenpo-Do vol.2 ( 2012 ) 

Oriental Art Tenpo-Do

増田圭吾氏 Q)今回どのような美術品についてお話いただけるのでしょうか? A)大津絵というものについてお話しようと思います。自分が一番好きなものですから。 元々大津絵というのは、今の滋賀県の大津市、当時東海道五十三次の中の大津宿(追分)という所で作られていたお土産品です。始まりは江戸初期からで、当時...

Interview at Eiji Nishikawa, Chinese Ceramics and Works of Art vol.2 ( 2012 ) 

Eiji Nishikawa, Chinese Ceramics and Works of Art

西川英治氏 Q)今回西川さんは京橋 Art Safari に参加されるということですが、どのような作品を出品されるのですか? A)そうですね、中国には古くから動物をモチーフにしたものはたくさんあるのですが、今回は象と鳥と鳳凰と虎ですね。鳥はこのカップアンドソーサーなのですが、東インド会社が紅茶をヨー...

Interview at kobijutsu sasaki vol.2 ( 2012 ) 

kobijutsu sasaki

佐々木一氏 Q)今回ご紹介いただけるのはどういった美術品でしょうか? A)蒔絵についてお話しようと思います。こちらは江戸時代に作られた棚でして、随所に色々な技法が使われて制作されています。 Q)普段見る蒔絵と違って質感がしっとりしている感じがしますね。 A)そうです。古いほどしっとりしています。 ...

Interview at T.EDO INOUYE & SON oriental art vol.2 ( 2012 ) 

T.EDO INOUYE & SON oriental art Nihonbashi

井上雄吉氏 Q)今回の陶枕についてお聞きしたいと思います。ほとんど売れてしまったと聞きましたが...。 A)色々とわけあってある美術館のコレクションを私の所で扱うことになったのですが、今回作った図録に載せた陶枕はアートフェア東京でその全点数のほとんどがご売約になりました。価格設定が一般的相場価格を無...

Interview at Uragami Sokyu-do Co.,Ltd. vol.2 ( 2012 ) 

Uragami Sokyu-do Co.,Ltd.

浦上満氏 北斎 漫画と春画 展 Q)今度のアートアンティークでは春画を展示されると聞きましたが。 A)今度の展覧会は「北斎 漫画と春画」。実は、23年前に新潮社から同名の本が出ていて、私も著者の一人なんです。(鈴木重三先生、林美一さん、永田生慈さんと私で4人の共著)今回の展覧会名はそのパクリとでも言...

Interview at antique shop Wabisuke ( 2011 ) 

antique shop Wabisuke

橋本氏 Q どのようなきっかけでお店を開かれたのでしょうか? A 私は若い頃、鍋島が好きであるところからたくさん集めていたんです。だけどそれが全部偽物でね。とても悔しくて、そんな店があるなら私がちゃんとした店を出そうと思いまして。それから沢山勉強してお店を出すまでになりました。見分けること、仕分け...

Interview at Uragami Sokyu-do Co.,Ltd. ( 2011 ) 

Uragami Sokyu-do Co.,Ltd.

浦上満氏 Q こちらにお店を出されて何年になりますか? A 独立開業して32年、ここのビルに移って25年ですかね。その前はもっと小さいところでやってましたからね。その前に繭山龍泉堂さんに5年お世話になりましたから、業界37年ですね。 Q 今主に扱ってらっしゃるものは? A 僕が扱うものは基本的に中...

Interview at Tsutsumi Fine Arts ( 2011 ) 

Tsutsumi Fine Arts

堤里志氏 Q お店を始めて何年になりますか? A ちょうど2000年からなので12年ですね。 Q 独立する前は何をなさっていたのですか? A 独立する前は東湖堂さんで修行していました。 Q ではご専門は... A 僕はもともと唐津とか桃山時代のものなどの和物が好きだったんですよ。でも入ったお店では...

Interview at Oriental Art Tenpo-Do ( 2011 ) 

Oriental Art Tenpo-Do

増田圭吾氏 Q この世界に入られたきっかけを教えてください。 A 父も静岡で古美術店をやっているんですが、小さい頃から骨董祭などで手伝ってたり、僕も自営業という職業につきたかったので、父の姿を見ていて、こういう職業も面白いかなと思いまして。それでだんだん父の仕事を手伝うようになっていったんです。昔...

Interview at Gallery SUIHA ( 2011 ) 

Gallery SUIHA

高橋氏 Q 美術に携わるようになったきっかけを教えてください。 A 私はもともとが美大で彫刻の制作をやっていたんです。それで絵の仕事をしたいなと思って、念願だったものですから。独立してから21年になるんですけれども、ここに移転して来てからは10年近くなります。それまでは銀座のビルの2階で事務所だけ...

Interview at SHIKISAISHA ( 2011 ) 

SHIKISAISHA

石井信氏 Q お父様とお二人でやってらっしゃるのですね。こちらが始まったのはいつ頃ですか? A 四季彩舎は1996年にオープンしましたので、今年で15年ですね。 元々は祖父が芸術新聞社という出版社をやっていたんですけれども、会社の画廊部門で中村屋画廊というのがあったんです。そこから四季彩舎として独...

Interview at kobijutsu sasaki ( 2011 ) 

kobijutsu sasaki

佐々木一氏 Q こちらのお店を出されたのはいつ頃ですか? A ここに出す前はずっと長年世田谷で営業していたんですけれども、ここに4年前に2店目を出させていただきました。 Q ご主人はだいたいどちらにいらっしゃるんですか? A 半分ずつくらいです。一日の間で行き来もしますし。 Q どちらかで修行され...

Interview at Sankeido Ltd. ( 2011 ) 

Sankeido Ltd.

三谷晴弘氏 Q こちらの画廊はいつ頃から始まったのでしょうか? A 高祖父の代くらいから美術商というか、当時は書画屋とか骨董屋と言っていました。掛け軸を中心に扱うお店としてスタートしています。その前は両替屋でした。 Q では、主に絵画を扱ってこられたんですか? A そうでもないんです。始めは書画屋...

Interview at Eiji Nishikawa, Chinese Ceramics and Works of Art ( 2011 ) 

Eiji Nishikawa, Chinese Ceramics and Works of Art

西川英治氏 Q こちらのお店をオープンされたのはいつ頃ですか? A 2001年の11月です。それまでは翠竹堂さんで10年近く働いておりました。 Q 元々骨董に興味があってこの世界に入られたのですか? A 骨董というか、美術全般に興味がありますね。古いものも子供の頃にちょっと見てたのもあるのですが、...

Interview at NAKACHO KONISHI ARTS ( 2011 ) 

NAKACHO KONISHI ARTS

小西哲哉氏 Q こちらのお店を出された経緯を教えて下さい。 A 大学を卒業して会社に就職したんですが、自分に向いた仕事でやりたいことは何だろうって毎日考えていて。端から見ると思いつきに見えたかもしれないですが、自分の中では美術に携わって、それを仲介できる仕事が出来たらそんな楽しいことはないと思って...

Interview at Matsumori Art Co.,Ltd ( 2011 ) 

Matsumori Art Co.,Ltd

Q こちらのお店をオープンされたのはいつ頃ですか? A 1995年・平成7年です。出身は三重県松阪市なのですが、1980年に名古屋で創業し、東京店も最初は明治屋さんの近くでしたが、同業の方が現在の場所が空いているのを教えて下さってからですから、もう16年になります。 Q 東京出店は夢・目標だったの...

Interview at KADOMATSU SEISHINDO ( 2011 ) 

Kadomatsu Seishindo

門松忠氏 Q ご主人が美術に関わるようになったきっかけを教えて下さい。 A 11年間、昔でいう丁稚奉公ですけど、お店にいました。それを経て独立開業しました。今年で33年目になります。 Q 初めから古美術だったんですか? A そうです。学校を出てすぐ。 Q 元々ご興味があったんですか? A 幾分興味...

Interview at T.EDO INOUYE & SON oriental art ( 2011 ) 

T.EDO INOUYE & SON oriental art Nihonbashi

井上雄吉氏 Q 古美術に関わるようになった経緯を教えて下さい。 A 私の大学時代、学園紛争やアルバイトへの没入し過ぎによってか、卒業の時には「優」の数ではシングルプレーヤー(!)になったりで、これではマトモな就職などとてもできそうもない、っと自己判断(笑)。古美術店を営んでいた父に就職の相談をする...

Interview at HIRANO KOTOKEN ( 2011 ) 

HIRANO KOTOKEN

平野龍一氏 Q 平野さんは何代目になるのですか? A 私で三代目です。 Q 小さい頃から美術品に囲まれて育ったわけですね。 A そうですね、生まれた時から美術品はありました。でも幼少の頃はそれがどういうものなのかわからないまま育っているので、意識するようになったのは、高校・大学になってから、父が...

Interview at Gallery KAWAFUNE, Inc ( 2011 ) 

Gallery KAWAFUNE, Inc

Q 画廊を始めて何年になりますか? A もうそろそろ30年。一番最初は日本橋で、店自体はここで4軒目。 Q 絵画がご専門なのですか?去年は彫刻もやってらっしゃいましたが、作品の年代はいつ頃のものが多いのですか? A そうですね、独立して店を始めた当初がね、1900年前後から1940年ぐらいまでの...

Interview at Gallery KOCHUKYO Co.,Ltd ( 2011 ) 

Gallery Kochukyo Co.Ltd.

伊藤潔史氏 Q ギャラリーこちゅうきょではどういったものをどういった姿勢で扱っているのですか? A うちは現代の工芸品を扱っていますが、先生方との相性を確かめて、二人三脚でやっていけるな、と思ったら信頼関係を深めていって、それで作品を提供してもらう。更に進むと、息子、孫、その次の世代に受け継がれる...

Interview at Oriental Art KUNSYODO ( 2011 ) 

Oriental Art Kunsyodo

堀内雅史氏 Q 始めに薫匠堂を始められたきっかけを教えてください。 A このお店を始めて3年目なのですが、もともとは電機メーカーでサラリーマンをやっておりましたので、古美術とか絵画とかギャラリー関係とは一切接点はなかったんです。ですけど、サラリーマン生活の中で一生この生活を続けるのか、何かちがうこ...
Go to top